icon-scroll.png
沖縄県宮古島市にあるBIRD整骨院のホームページです。 エコーを用いたケガの治療や、 オスグッド、 野球肘などのスポーツ障害、 産後の骨盤矯正から 慢性的な不調に対するケアや 分子栄養学アドバイスを行っています。
オスグッドについて – 宮古島 BIRD整骨院

BIRDバード整骨院コラム&お知らせ記事

2020/07/22(水)

オスグッドについて

小学校高学年頃から高校生頃にかけて、特にスポーツをしている選手によく見られるオスグッド。

正式には「オスグッド・シュラッター病(症候群)」と言われ、アメリカのオスグッド医師とスイスのシュラッター医師が発表したため、彼らの名をとってそう呼ばれています。


症状的には膝下の成長軟骨部分の痛みが主ですが、太腿の前面の筋肉である大腿四頭筋の伸長ストレスによって、脛骨の成長軟骨部分が引っ張られ痛みを起こします。


走ったりまた走った後に強い痛みが出現し、しゃがんだりひざまづいたりすることが出来なくなります。


ひどい人になると膝下部分が出っ張ってきたり、成長軟骨の剥離が起きる場合もあるようです。


医療機関ではまずレントゲンを撮り骨に異常は無いか確認後、


膝に負担がかからないように「安静


膝を保護するための「サポーター


大腿四頭筋やハムストリングスなどを柔らかくするための「ストレッチ


または「マッサージ」なども一般的に良く行われると思います。




もちろん安静やマッサージをすれば、膝に負担は掛からないので一時的に痛みは落ち着いてきます。

しかし、再びスポーツを再開すると痛みをぶり返すことがほとんどです。



ではなぜ、同じスポーツをしていても痛みが出る人と出ない人がいるのでしょうか?



その子が特別なのでしょうか?



本当に成長期やスポーツに特有の痛みなのでしょうか?



〇〇週間安静と言われ、仕方なく試合も諦めないといけないのでしょうか?



頑張ってストレッチやマッサージもしているのに何故治らないのでしょうか??



その何故を深く追求していく必要があると思います。



BIRD整骨院は治るを本気で考えます。



~治るを本気で考える~
動作分析やトレーニング、栄養指導に特化し、身体機能向上や体の痛みを改善していきます。

オスグッド、捻挫や肉離れなど日常での怪我やスポーツ障害、産後の骨盤調整はBIRD整骨院にお任せ下さい。

今すぐお電話⇒(0980)79-0316