icon-scroll.png
沖縄県宮古島市にあるBIRD整骨院のホームページです。 エコーを用いたケガの治療や、 オスグッド、 野球肘などのスポーツ障害、 産後の骨盤矯正から 慢性的な不調に対するケアや 分子栄養学アドバイスを行っています。
足関節捻挫への初期対応 – 宮古島 BIRD整骨院

BIRDバード整骨院コラム&お知らせ記事

2019/08/30(金)

足関節捻挫への初期対応


捻挫を起こしたら、痛みが小さくてもほっておかず、RICE(ライス)処置をして整形外科またはエコーを扱っている整骨院を受診して下さい。明らかに骨折が疑われるようであれば整形外科を受診しましょう。


【RICE処置とは】
受傷した際に行う応急処置の事です。主に、腫れや痛みの軽減を図るために行います。

  • R(Rest)安静   安静にする
  • I (Icing)冷却   患部を氷水、無い場合は保冷剤か濡れタオルなどで冷やす※湿布は× 
  • C(Compression)圧迫  バンテージやタオルなど冷却の上から圧迫固定する
  • E(Elevation) 拳上   患部を心臓より高く上げて患部へ血液の循環を遅らせる





そしてなるべく患部を冷却、圧迫したまま受診して下さい。


適切な初期処置が、痛みの軽減、早期回復に繋がります。捻挫は後から痛みや腫れが出てくるパターンもあります。靭帯が断裂し再生しきっていない状態が残ると、いわゆる「癖になる」という状態を作りやすくなります。

違和感を残すと、パフォーマンスを低下させる大きな要因となりますので、小さくてもあまり痛くないから大丈夫とほっておかず、すぐ処置を行い専門家へ見せてもらうようにしましょう。


適切な捻挫への早期治療&早期リハビリトレーニングを行う事で、復帰までの期間が大きく変わってきます。



捻挫、肉離れは今すぐ当院までご連絡ください。

BIRD整骨院 0980‐79‐0316