icon-scroll.png
沖縄県宮古島市にあるBIRD整骨院のホームページです。 エコーを用いたケガの治療や、 オスグッド、 野球肘などのスポーツ障害、 産後の骨盤矯正から 慢性的な不調に対するケアや 分子栄養学アドバイスを行っています。
原因不明のかかとの痛み(ファットパッド症候群、Fad Pad Syndrome) – 宮古島 BIRD整骨院

BIRDバード整骨院コラム&お知らせ記事

2020/02/06(木)

原因不明のかかとの痛み(ファットパッド症候群、Fad Pad Syndrome)

サッカー部に所属する高校1年生男子
練習中から踵の痛みを訴えて来院されました。踵をついて歩くととても痛いようです。

患部に腫れは見られませんでしたが、エコーで観察すると若干の低エコー像(水分の貯留)が観察できました。



【ファットパッド症候群とは】
踵の骨の下には、Fad Padまたは踵骨下脂肪体(しょうこつかしぼうたい)といって地面からの衝撃を吸収するための脂肪組織が存在します。

※上の図は、左足の踵の部分を内側から見た図になります。黄色い部分がFad Padになります。

歩いたり走ったりする時には、このファットパッドがクッションとなり衝撃を軽減する役割として働きますが、反復的に強い衝撃がかかったり、ストップやターン動作といった切り返しの動きが多いスポーツでも起こります。


捻挫後の足首の可動域の不安定性、オーバーユースなど様々な要因が加わることにより、踵の骨と地面との間で圧迫ストレスが加わり続け、衝撃に耐えきれず炎症が起きてしまいます。                 

症状としては踵後方から下面周囲の痛みを訴えることが多く、踵をつけて歩くと強い痛みがあります。スポーツ初めや靴を変えたことで起きることが多いといわれています。


今回のケースでは患部へのテーピングにて痛みは軽減しましたが、またこのような痛みが出ないようにするには、体の誤った使い方や姿勢の悪さなども考慮しながら指導していかないと再発リスクが高まります。


痛みがなくなったから良しというわけではなく、その原因を探り、再発防止に対して最適なご提案が出来るように当院では取り組んでいきます。


~治るを本気で考える~
捻挫、肉離れなどスポーツでのケガはBIRD整骨院まで

⇒(0980)79-0316